メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霞が関官僚覆面座談会

下/ セクハラ、パワハラ…「離婚の外務、不倫の経産」といわれた時代も

「私もセクハラ被害に遭いました」と明かすジャーナリストの横田由美子さん=東京都内で2019年12月11日午後7時40分、青木英一撮影

 霞が関のキャリア官僚2人とジャーナリストの横田由美子さんによる座談会。テーマはやがて、セクハラ、パワハラ、そして、あるべき役所の姿へ――。

 <昨年4月、福田淳一財務事務次官(当時)のテレビ朝日の女性社員に対するセクハラ疑惑が発覚した。福田氏は否定したが、財務省はセクハラ行為を認定し、福田氏は辞任に追い込まれた>

 横田 厚生労働省で言えば、Aさんのセクハラは有名でしたね。私も彼を取材したことがありますが、周辺の女性や部下に対するそれは、口に出すのもはばかられるようなひどいものでした。

この記事は有料記事です。

残り2800文字(全文3044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです