メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほうじ茶とコーヒー合わせたら「あと引くおいしさ」 静岡・掛川のお茶屋が新商品

荒川佳也さん=静岡県掛川市で2019年12月13日、舟津進撮影

 「掛川産のほうじ茶とオリジナルブレンドのコーヒー豆を融合した新感覚の飲み物。一度試してほしい」。21日から売り出した新商品は「お茶屋茶匠(ちゃしょう)のほうじ茶珈琲(コーヒー)」。売り出した荒川佳也さん(42)はほうじ茶の香ばしさとコーヒーの深みを最大限に引き出すにはどうすればいいか、試行錯誤を重ねた。

 「香ばしさと優しい渋みは掛川のほうじ茶が一番。合わせるコーヒー豆は中南米のグアテマラとブラジル産などを選んでおり、あとを引くおいしさになった」と自信を見せる。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです