寒い今年は湯加減熱め サルもゆず湯にほっこり 福岡市動物園 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1年で最も日が短い「冬至」の22日、福岡市動物園(福岡市中央区)のニホンザル49頭に「ゆず湯」がプレゼントされた。

 園では2013年から、冬至にはお湯を張ったサル山のプールにユズを提供しているが、この日はあいにくの雨。最高気温は10・3度と平年(11・8度)より低いことも影響し、風呂の温度も34度にとどまった。そのためになかなか入浴せず、飼育員が風呂に入れた約20個のユズを周りで…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集