メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀平「直前6分間練習で回避」 樋口「(減った体重)内緒です」 フィギュア全日本女子コメント集

女子フリーの演技を終えて笑顔を見せる紀平梨花=東京・国立代々木競技場で2019年12月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は第3日の21日、女子フリーが行われ、紀平梨花(関大KFSC)がショートプログラム(SP)に続き首位の得点を出して初優勝した。樋口新葉(明大)が3年ぶりに2位に入り、3位には17歳の高校3年生、川畑和愛(ともえ)=N高東京=が食い込んだ。

 演技後の主な選手のコメントは次の通り。

 きょうの朝練(公式練習)は思った以上に調子が悪く、演技前の6分間練習で(4回転サルコウを跳ぶか)決めようと思っていた。そこで今回は3回転サルコウでいこうと決めた。

 (全日本選手権は)一度も優勝をしていなかったので、すごく重要な大会だった。(グランプリファイナル後は、SPでコンビネーションジャンプを最後に組み込んだり、フリーで4回転サルコウを入れていくと言ったりしていたが)入れたい気持ちはすごく強かったので、そこにもっていけなかった悔しさはもちろんある。今回、挑戦できる唯一の場かなとも思った。

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです