特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝 女子は仙台育英がV 2年ぶり4回目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする仙台育英の木村=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、猪飼健史撮影
1位でフィニッシュする仙台育英の木村=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、猪飼健史撮影

 女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に5区間21・0975キロのコースで開かれ、仙台育英(宮城)が2年ぶり4回目の優勝を果たした。

 外国人留学生を欠いても、貫禄のレース運びだった。エースの木村梨七(3年)を筆頭に、主力選手5人が3000メートル9分17秒以内。初めて留学生を起用せずに臨んだレースだったが、釜石慶太監督(32)は「選手層は過去にないレベル」と自信をもって送り出していた。

 釜石監督がチームの強みに挙げたのが、各学年に全国トップレベルの選手を抱える選手層のバランスだ。2年生の小海遥は今夏の全国高校総体3000メートルで8位入賞、1年生の米沢奈々香も2018年の全国中学校体育大会(全中)1500メートル優勝の実力者だ。その米沢を3000メートルの自己ベストで上回る山中菜摘(1年)は「入学時から3年生に多くのアドバイスをもらってきた。一緒に走るのは最後なので、笑って終わってほしい」と大会に懸ける思いを語っていた。

 18年の都大路は連覇を狙いながら3位に終わった。アンカーを任されるはずだった小海は、左脚に激しい痛みが出て、大会直前に欠場が決まった。「走れずに申し訳ない気持ち」を抱えて1年間、筋力強化に励みながらリベンジを目指してきた。

 大会前、釜石監督は「うちが100点のレースをできれば勝てるかな」と話していた。その期待に、全国トップレベルの選手たちが見事に応えた。【伝田賢史】

仙台育英(仙台市)

 1905年に私塾「育英塾」として創立。野球、ラグビーなども強豪。主なOBに東京五輪マラソン代表の服部勇馬ら。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集