メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子・九州学院、地区大会からの都大路4位 涙のアンカー「負けをバネにできた」

4位でフィニッシュする九州学院の溝上稜斗=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影

[PR]

 男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで行われ、九州学院(南九州)は2時間2分39秒で4位入賞した。

 4位でフィニッシュした九州学院のアンカー溝上は、待ち受けた仲間の姿に思わず涙ぐんだ。熊本県予選で2位に終わり、地区大会を勝ち抜いての出場。県予選の悔しさを晴らす過去最高2時間2分39秒での入賞に、溝上は「負けをバネにできてよかった」とほっとした表情を見せた。

 流れを作ったのは1区の鶴川。「我慢すれば自然と(集団の)人数は減る」と先頭集団で好位置をキープし、首位と4秒差でたすきをつないだ。その後も波のない走りで、全区間を走り抜けた。上位入賞の常連校も14連覇中だった県予選で敗れ、「油断や甘さがあった」と禿監督は振り返る。生活を見直し、地区大会出場で準備期間が少ない中で他の試合に出場しないなど調整方法を変えた。順位は昨年と同じ4位だが、その意味は大きく異なる。【丹下友紀子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです