メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

瀬戸かずや 宝塚花組男役スター 東野圭吾原作「マスカレード・ホテル」でエリート刑事役 スーツ姿もダンディーに

 来月5日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区)で開幕する「マスカレード・ホテル」で主役のエリート刑事・新田浩介を演じる。東野圭吾原作の同名小説は累計発行部数360万部を超える「マスカレード」シリーズの第1弾で、今年1月公開の映画も大ヒットした。「期待値とプレッシャーの大きさを感じる」と話す一方、「コミカルな役が続いたので、コスチュームものではない現代の男性を演じるという意味で、今の自分が挑戦させてもらえる喜びがある」と声を弾ませる。

 都内で起きた連続殺人事件。現場に残された数字から次の犯行場所がホテル・コルテシア東京と判明し、警視庁捜査1課の刑事・新田はホテルのフロントクラークとして潜入捜査を開始。次々と騒動が巻き起こる中、教育係に任命された優秀なフロントクラーク・山岸尚美(朝月希和(あさづききわ))と真相を追う。脚本・演出は谷正純。原作にほぼ忠実だという本公演は東京・日本青年館ホールでも上演される。主演として組を率いての東…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです