メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

ティーンスピリット(2018年、英・米) 踏み出そう、未知の出会いへ

 いかにも「青春映画」なタイトルですが、数々の賞に輝いた『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集したと知り、興味を持ちました。

 舞台は英国の片田舎の小さな島。17歳のバイオレット(エル・ファニング)はポーランド移民で母子家庭。友人も少なく経済的にも厳しい。そんな彼女にとっての救いは、歌うこと。私が私であると実感できる唯一の時です。ある日、人気オーディション番組の予選が島であると知り、応募します。彼女の夢はかなうのか?

 と、これは表面的な内容。根底に流れるのは、将来が見えず現状に不安を抱え、もがき苦しむ全ての人への力強いメッセージです。それは、人との出会いの素晴らしさ。私たちは、導き、応援してくれる人と出会っていても、時に気付かないことがあります。バイオレットにとって、元世界的オペラ歌手で後に自身のマネジャーとなるブラド(ズラッコ・ブリッチ)が酒飲みにしか見えなかったように。けれどもブラド自身、彼女との出会いが…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです