メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

「共通」を問う

 高3だった1979年1月、大学入試センター試験の前身、共通1次試験が始まった。マークシート方式の全国一斉テストが初めて導入され、併せて1期校・2期校の区分がなくなり国公立大受験は文字通り一発勝負になった。

 大学進学率の上昇で受験競争が激化し、学習指導要領を逸脱した難問奇問が高校教育をゆがめると指摘されていた。共通1次は基礎学力を問うもので高校の学習内容を理解して…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです