特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

青森山田、女子5位 男子、出遅れ50位 監督・主将の話 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

全員が頑張った 青森山田女子・大島健治監督

 今年は雪も少なくいい練習を積めた上、当日のコンディションにも恵まれた。今日のように全員が設定タイム通りに走りきることはなかなかできない。本当によく頑張った。

入賞をつかんだ 青森山田女子・加藤玲那主将

 1区からいい流れができた。今年は仲良く、でも競い合えるメリハリのあるチームを目指した。みんなで頑張ってつかみ取った入賞。来年のメンバーにはさらに上位を目指してほしい。

レベル高かった 青森山田男子・河野仁志監督

 今年は全体的に大会のレベルが高かった。仮に全員が想定通りに走れていたとしても入賞は難しかったと思う。来年以降は練習を見直し、スピードの強化に力を入れていきたい。

流れ崩し悔しい 青森山田男子・成田竜之介主将

 駅伝は流れが大事なのに、1区の自分が最下位となり流れを崩してしまったことが一番悔しい。序盤のペースについていけなかった。順位を上げてくれた仲間には感謝している。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集