全国高校駅伝

男子・学法石川5位 女子・学法石川22位 男子・田村32位 監督の話 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

選手は想定通りの走り 学法石川・松田和宏監督の話

 男子は昨年よりも大会のレベルがずっと高かった。選手たちは想定通りの走りをし、目標だった県記録も更新してくれた。また一からチームを立て直して、来年こそは優勝を狙いたい。

一人一人頑張ってくれた 田村・佐藤修一監督の話

 選手たちには「2時間7分台を目標に」と伝えていたが、6分台を出さないと戦えないと思っていた。全国のレベルは高かったが、一人一人が頑張って走ってくれたと思う。

残る選手で来年につなげる 学法石川・松田和宏監督の話

 女子は過去最高の15位以内を目指していたので悔しい気持ちもあるが、1区がうまく走り、後続につなげてくれた。今回走った選手は3人残る。この経験は必ず来年につながると思う。

あわせて読みたい

注目の特集