特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

男子・松浦40位、「最高記録」も壁厚く 女子・諫早8位、粘りの走りで入賞 両監督の話 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

来年につながる 松浦・沢田洋監督の話

 1区で出遅れる展開に不慣れで、選手たちにも焦りが見えたが、あきらめずによく追い上げた。1、2年生の活躍が目立ち、来年につながる大会になった。県ではなく、全国のレベルを目指す。

チーム力発揮 諫早・藤永佳子監督の話

 入賞圏から外れてもあきらめずにたすきをつなぎ、悪い流れを断ち切った。一人ひとりが責任を果たし、全員一つになって達成した結果で、これこそがチーム力。追い上げられてもよく粘った。

〔長崎版〕

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集