メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/9 積極的に公開されない情報 住民自身が開示受け命守る

シンポジウムで話す(右から)三木由希子さん、河村雅美さん、島明美さん、橋本杉子さん=東京都千代田区で2019年12月7日、青島顕撮影

 情報公開法成立(1999年)とともに発足したNPO法人・情報公開クリアリングハウス(東京都新宿区、三木由希子理事長)が20周年を迎え、記念シンポジウムを開いた。その中で、制度を活用している住民たちの報告があった。米軍基地の集中する沖縄や、原発事故が起きた福島で、行政が積極的に公表しない公文書を住民が入手してチェックする活動は、生活や命を守ることにつながっている。

 沖縄県の環境調査団体「インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)」代表の河村雅美さんは、米…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文862文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです