メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

漫才師・平川幸男さん=11月11日死去・78歳

Wヤングの平川幸男さん(右)。左は相方の佐藤武志さん=吉本興業提供

相方を残し天国へ 平川幸男(ひらかわ・ゆきお)さん=11月11日死去・78歳

 大阪の漫才が全国区になるなど誰も想像していなかった昭和50(1975)年ごろ、大阪で一番面白い漫才コンビは、Wヤング(中田治雄・平川幸雄=当時の芸名)だった。その頃の私は、それがその後10年以上続くテレビ番組(「花王名人劇場」)になるとは思いもせず、演芸の企画を制作することに懸命だった。東西トップコンビの競演企画「激突!漫才新幹線」は、第一弾に東京漫才の「星セント・ルイス」とWヤングを予定し、ツービートやオール阪神・巨人らが続くことになっていた。

 やっと放送枠が関西テレビの日曜夜9時と決まり、昭和54(79)年10月から芸道ドラマ企画でスタート…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです