メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

森永製菓/上 2坪の原点「子どもに新体験を」

創業翌年の1900年、東京・溜池の表通りに進出した店舗兼工場。裏通りにあった最初の建物の写真は現存しない=森永製菓提供

 <since 1899>

 先月1日、東京・渋谷駅真上に誕生した超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」1階に、「TAICHIRO MORINAGA」がオープンした。「お菓子をこえる、『をかし』な体験を」をコンセプトに、森永製菓が展開する新業態の4号店だ。店名の由来は創業者・森永太一郎(1865~1937年)の名。愛らしいおじさんのイラストも、太一郎がモデルだ。

 米国で11年間の修業を終えた太一郎が、帰国から2カ月で「森永西洋菓子製造所」を設立したのは1899…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです