メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校ルポ

青山学院横浜英和中高 系属校化、メリット多く

青山学院大学=東京都渋谷区で2019年3月、嶋野雅明撮影

 <受験のトビラ juken no tobira>

 中高一貫の青山学院横浜英和中高(横浜市南区)は昨年度実施の入試で160人の募集に対し873人が出願する人気校だ。旧横浜英和女学院中高が2016年度に青山学院大(東京都渋谷区)の「系属校」化し、18年度からは共学になった。

 今月上旬の朝8時半ごろ、校内の礼拝堂で中学生がクリスマス定番の「ハレルヤ・コーラス」を練習していた。1年の男子生徒(12)はこの学校を選んだ理由を「英語に力を入れている点に興味があった」ことに加え、「青学」の系属校である点を「意識した」と話した。

 系属校化は法人を同じくする「付属校」とは異なり、別々の学校法人が運営しながらも、大学進学の推薦枠の設置や大学関係者の出張講義など連携を強化する。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです