メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は1級 シェアリングエコノミーや、これを巡る国内の制度・現状について、正しい記述は?

 <受験のトビラ juken no tobira>

 ◆問題 シェアリングエコノミーや、これを巡る国内の制度・現状について、正しい記述を次から一つ選びなさい。

(1) シェアリングエコノミーでは、不特定多数の個人間でサービスが取引されることが多く、こうしたビジネスの形態は「BtoC」と呼ばれる。

(2) 民家やマンションに旅行者を有料で泊める「民泊」の営業は、「住宅宿泊事業法(民泊新法)」の施行(2018年)によって、初めて法的に認められた。

(3) 一般ドライバーが個人として自家用車に有料で利用者を乗せる「ライドシェア(相乗り)」が近年、全…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです