メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は1級 シェアリングエコノミーや、これを巡る国内の制度・現状について、正しい記述は?

 <受験のトビラ juken no tobira>

 ◆問題 シェアリングエコノミーや、これを巡る国内の制度・現状について、正しい記述を次から一つ選びなさい。

(1) シェアリングエコノミーでは、不特定多数の個人間でサービスが取引されることが多く、こうしたビジネスの形態は「BtoC」と呼ばれる。

(2) 民家やマンションに旅行者を有料で泊める「民泊」の営業は、「住宅宿泊事業法(民泊新法)」の施行(2018年)によって、初めて法的に認められた。

(3) 一般ドライバーが個人として自家用車に有料で利用者を乗せる「ライドシェア(相乗り)」が近年、全国で急速に普及している。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです