メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

新伝説、仙台育英 男女V、時代開く(その1)

[PR]

 仙台育英(宮城)が男子は「復活」、女子は「常勝」を印象づける男女同時優勝を果たした。京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に22日行われた男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会。男女同時優勝は1993年の仙台育英、2015年の世羅(広島)に次ぐ3度目の偉業となった。(1面参照、17面に全記録)

 優勝回数を歴代2位の「8」に伸ばした男子は歴代2位タイの好タイムをマーク。2位は前回優勝の倉敷(岡山)で、上位2チームが2時間1分台を記録したのは大会史上初。2回目出場の宮崎日大と初出場の自由ケ丘(福岡)が初入賞(8位以内)。歴代最多タイの4回目の優勝を果たした女子も歴代5位タイの好タイム。前回優勝の神村学園(鹿児島)は2位だった。(スタート時の気象▽女子=曇り、気温10度、湿度67%、北北東の風0・1メートル▽男子=曇り、気温10度、湿度65%、南東の風0・1メートル)

 ◆男子レース経過

 仙台育英が最終7区で逆転した。トップの倉敷と48秒差でたすきを受けた6区・ディラングが区間新の快走で5秒差に縮め、トラック勝負となったアンカー吉居駿が残り約250メートルで突き放した。倉敷は3区のキプラガットが区間賞の好走で首位に立ち、2位との差を58秒まで広げたが、リードを守れなかった。佐久長聖は後半に追い上げて3位。九州学院は鶴川が1区3位で、その後も大崩れせず4位。学法石川は松山が1区2位で発進し、5位に食い込んだ。

トラック勝負で逆転

 息詰まるトラック勝負。仙台育英のアンカー・吉居駿は、第2コーナーで並走する倉敷(岡山)・長塩の苦しげな表情を横目でうかがうと一気にスパートした。かぶっていた白い帽子を握りしめ、最後は10メートル近い差をつけて右手人さし指を高々と突き上げてフィニッシュ。3区を走った兄・吉居大と笑顔で抱き合った。

 7区の1キロ過ぎで長塩に追いつくと、吉居駿は「負ける怖さもあったが、先頭争いを楽しく走れた」という。真名子監督の「エースの吉居大、喜早に次ぐ勝負勘がある」との見立て通り、1年生らしからぬ冷静なレース運び。並走して競技場に入っても「表情に余裕がある」と真名子監督に勝利を確信させた。

 そんな逸材がそろうチームの強さを支えるのが「リズムジョグ」と呼ばれる練習法だ。徐々にペースを上げて長い距離を走る負荷トレーニングで、「タイムを設定せず、温まった体のリズムに合わせてどんどんペースを上げていく」(真名子監督)。各選手が先頭を競い合い、最後はレースさながらに激しさを増す。「前の選手を追い、後ろの選手から逃げる」走りの原点にこだわる真名子監督の指導法に、吉居駿は「かなりきついけど、サバイバル感覚で楽しい。レース勘も磨ける」。昨年の全国中学校体育大会(全中)1500メートル優勝の実力者が、練習の成果を存分に発揮した。

 東日本大震災翌年の12年、主力部員が豊川(愛知)に集団転校した。直後に赴任した真名子監督が、愛知出身の吉居兄弟ら有力選手を少しずつ集め、ようやくたどり着いた震災後初の優勝だった。さらに04年にマークした大会歴代2位の2時間1分32秒の記録にも並んだ。頼もしい選手たちが、名門復活を最高の形で成し遂げた。【伝田賢史】

倉敷3秒差で連覇逃す

 3区でケニア人留学生、キプラガットの作った58秒の「貯金」を守れなかった。「先輩がつないでくれた1番のたすきで、本当に申し訳ない……」。2連覇を狙った倉敷で唯一2年生で出場したアンカーの長塩はフィニッシュ後、大粒の涙を流してうなだれた。

 トップと8秒差の5位でたすきを受けたキプラガットは、次元の違う走りで、あっさりと先頭へ。「走っていて楽しかった」と区間記録まで4秒差の快走を見せたが、新監督は「後半の戦力を考えれば抜かれる」と覚悟していた。6区で仙台育英・ディラングの猛追を受け、長塩にたすきが渡った時点で貯金は5秒しかなく、逃げ切れなかった。

 この5年間で優勝2回、準優勝2回、3位1回と驚異的な成績を残した。ハイレベルな留学生の存在を励みに意識を高めつつ、故障の予防に気を配って継続して練習を重ねることで力をつけた。

 今大会出場した日本選手は、中学時代に個人種目で全国大会の経験がないという「雑草軍団」(新監督)。わずか3秒差で連覇は逃したが、歴代4位の好タイムは選手の成長を物語っている。【村上正】

1区、日本選手歴代最高 八千代松陰・3年 佐藤一世(いっせい)

 各チームのエースがひしめく「花の1区」で、日本選手歴代最高の称号を手にした。佐久長聖の上野裕一郎(現・立教大男子駅伝監督)が2003年に出した記録(28分54秒)を6秒更新。「ここまでタイムが出るとは思わなかった。攻めのレースができてよかった」と笑みがこぼれた。

 前回大会も1区を任され、終盤に追い上げて2位に入った。今回は常に先頭集団で走ることを意識し、勝負どころを見極めた。つまずきかけてヒヤリとする場面もあったが、「ラストまでもつれるとやられる」と残り500メートル付近でスパート。過去には上野のみだった28分台を7人がマークしたハイレベルなレースを制した。

 今季は一時不振に陥り、全国高校総体は予選で棄権。長野・菅平高原での他校と合同の夏合宿で鍛え直し、復調した。卒業後は大学駅伝の強豪、青山学院大に進学予定。「みんなでたすきをつなぐ。ともに喜べるのが駅伝の魅力」と走りを磨く。【芳賀竜也】

佐久長聖、地力証明

 2年ぶりの頂点には手の届かなかった佐久長聖だが、日本選手だけで2008年にマークした自らの日本高校最高記録(2時間2分18秒)にあと10秒と迫る好タイムをマーク。高見沢監督は「上回った相手をたたえたい」とすがすがしい表情で振り返った。

 7大会連続で5位以内と地力の高さは証明した。それでも高見沢監督はハイレベルな争いとなった1区に触れ、「今と同じことをしていたらだめ。効率よく力をつけることを考えないと」と危機感も口にした。【生野貴紀】

自由ケ丘8位 初出場で入賞

 9位でたすきを受けた自由ケ丘の7区・西村。そのままの順位で競技場に入り迎えたラスト100メートル。追い続けてきた東農大二の選手の背中を、ついに捉えた。「スプリントはチームで一番苦手」というが「一人でも抜こうと力を振り絞った」。区間2位の走りで初出場初入賞の目標を達成し「1年間、この日のために頑張ってきた。入賞できてうれしい」と笑顔をみせた。

 福岡県予選では2018年まで3年連続2位だったが、昨年のメンバーが5人残った今年、経験豊富な布陣で初の大舞台をつかみ取った。02年の創部時から指揮を執る岸本監督は「まさか8位なんて、強豪がたくさんいる中で信じられない。自信を持って走る姿に感動した」と目を赤くした。【大東祐紀】


仙台育英(仙台市)

 1905年に私塾「育英塾」として創立。野球、ラグビーなども強豪。主なOBに東京五輪マラソン代表の服部勇馬ら。


男子の優勝回数上位5校◇

(1)世羅(広島)9回

(2)西脇工(兵庫)8回

 仙台育英(宮城)8回

(4)小林(宮崎)7回

(5)報徳学園(兵庫)6回


男子区間賞と日本選手1位

1区(10キロ)

 佐藤一世(八千代松陰) 28分48秒

2区(3キロ)

 白井勇佑(仙台育英)、

 越陽汰(佐久長聖)、

 佐藤圭汰(洛南) 8分7秒

3区(8.1075キロ)

 フィレモン・キプラガット(倉敷) 22分44秒

(3)中野翔太(世羅) 23分44秒

4区(8.0875キロ)

 伊井修司(東農大二)、

 松並昂勢(自由ケ丘) 22分55秒

5区(3キロ)

 上仮屋雄太(須磨学園) 8分36秒

6区(5キロ)

 ムチリ・ディラング(仙台育英)☆14分6秒

(2)城戸洸輝(宮崎日大) 14分8秒

7区(5キロ)

 小牧波亜斗(洛南) 14分8秒

 ※丸囲み数字は順位、☆は区間新記録


男子歴代10傑◇

  学校      記録        大会

(1)世羅(広島)   2時間1分18秒★ 15年全国大会

(2)仙台育英(宮城) 2時間1分32秒★ 04年全国大会

(2)仙台育英(宮城) 2時間1分32秒★ 19年全国大会

(4)倉敷(岡山)   2時間1分35秒★ 19年全国大会

(5)仙台育英(宮城) 2時間2分7秒★  03年全国大会

(6)倉敷(岡山)   2時間2分9秒★  18年全国大会

(7)佐久長聖(長野) 2時間2分18秒  08年全国大会

(8)世羅(広島)   2時間2分23秒★ 18年全国大会

(9)佐久長聖(長野) 2時間2分28秒  19年全国大会

(10)倉敷(岡山)   2時間2分34秒★ 16年全国大会

 (予選、地区大会を含む。★は留学生を含む記録)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです