「信じられない」「緊張してて覚えてない」 M-1グランプリ優勝のミルクボーイ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 若手漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝戦が22日夜、東京都港区のテレビ朝日で行われ、初の決勝進出だった「ミルクボーイ」が優勝し、第15代チャンピオンに輝いた。大阪府出身のボケ担当・駒場孝さん(33)と兵庫県出身のツッコミ担当・内海崇さん(34)が2007年に結成したコンビで、吉本興業所属。大阪の劇場を中心に活動しており、今大会のダークホース的存在とみられていた。

 この日が今年初めて漫才をテレビで披露する機会だったという2人は、優勝直後の記者会見で「信じられない」を連発。700点満点中史上最高得点の681点をたたき出したことも「覚えてないんです。緊張してて」と汗を拭った。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文761文字)

あわせて読みたい

ニュース特集