メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜の古刹で拳を交え… 元ボクサー住職が育てる女子中学生チャンピオン

 福岡県豊前市の山あいにたたずむ真宗大谷派・来迎寺(らいこうじ)。約400年の歴史がある寺院の納骨堂の白い壁に、大小二つの影が揺れる。一方が17代目住職で子供たちにボクシングを教える矢鳴千之(やなるちゆき)さん(42)、もう一方がその教え子で、ボクシング「ジュニアチャンピオンズリーグ全国大会」U15女子40キロ級認定チャンピオンの渕上佳奈恵さん(12)=豊前市立八屋中1年=だ。2人は26日に迫った渕上さんの試合に向け、夜の古刹(こさつ)で汗を流す。

 矢鳴さんは、アマチュア時代に国体3位、プロでメインイベンターだった元ボクサー。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです