メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線の車いすスペース改善を バリアフリー対策検討会で障害者団体が要望

東海道新幹線(N700A)=東京都港区で2019年5月23日、米田堅持撮影

 国土交通省は23日、新幹線のバリアフリー対策を議論する検討会の初会合を開いた。出席した障害者団体の関係者は、「車いすスペース」が少ないことやインターネット予約ができない点について改善を求めた。新幹線を運行するJR5社は、海外の事例などを踏まえた施策を実施することを確認した。

 検討会では、国内の新幹線には車いすスペースが1、2…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです