メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やっと帰れた… 台風被害の小学校2校、自校で授業再開 福島・郡山

久しぶりに赤木小の校舎に登校した子どもたち=福島県郡山市赤木町で2019年12月23日午前7時54分、笹子靖撮影

[PR]

 台風19号の被害で校舎が使えなくなり、近隣小中学校に分散して授業を行っていた福島県郡山市立赤木小(同市赤木町、児童数278人)と永盛小(同市安積町日出山、同295人)が23日、それぞれ自校での授業を再開した。

 このうち赤木小には午前7時半ごろから児童が次々に登校し、校門で迎えた鈴木久校長らと笑顔で朝のあいさつを交わした。台風被害で床上浸水した体育館には久しぶりに全校児童が集まり、帰校式が行われた。

 式では各学年の代表が学校に戻ってきた今の気持ちを発表。市立第五中に通学していた6年生の木本沙良さんは「心の古里に帰って来られて、とてもうれしい。これからもたくさんの思い出を作りたい」などと話した。

 赤木小と永盛小は台風による阿武隈川などの氾濫で1階部分が浸水。10月23日から近隣の小中学校に分散してスクールバスで通学し、教室を間借りして授業を行っていた。

 赤木小ではまだ校舎の1階部分が使えないため、2、3階で授業を再開した。永盛小は3~6年と特別支援学級の児童が校舎2、3階で授業を再開したが、教室が足りないため1、2年生は緑ケ丘第一小での授業を続ける。同市教委は来年3月中の完全復旧を目指している。【笹子靖】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです