メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

第三者委員会の橋本治委員長(右)から答申書を受け取る岐阜市の早川三根夫教育長=岐阜市明徳町の市中央青少年会館で2019年12月23日午後1時5分、高橋龍介撮影

 岐阜市立中学3年の男子生徒がマンションから転落死し、自宅からいじめを苦にしたメモが見つかった問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会は23日、調査報告書を市教委に答申した。5月下旬から7月3日の死亡までの約1カ月半で、34件のいじめを認定。再発防止策の一つとして、教員の多忙解消に積極的に取り組むよう求めた。

 橋本治委員長(岐阜大非常勤講師)が早川三根夫教育長に答申書を手渡した。市教委は、いじめの事実関係▽学校の対応▽いじめと死の関係▽実効性のある再発防止策――について提言を求めていた。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです