メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お口のケア 妊娠中に落とし穴 かかりやすい病気とは

母親学級で口腔ケアを学ぶ妊婦たち=東京都文京区で2019年10月、大沢瑞季撮影

 口の中の環境が変わり、つわりで歯磨きが難しくなるなど、妊娠中は歯周病や虫歯になりやすい。歯周病は早産のリスクが高いという報告もあり、専門家は「妊娠中でも口の中を清潔に保つ習慣を身につけて、生まれてくる子どものケアにつなげてほしい」と訴える。

 「歯と歯の間の歯肉が、きれいな三角形になっているかチェックしてみて」。10月上旬、東京都文京区主催の母親学級で、歯科衛生士の鈴木絢子さんが約15人の妊婦に呼びかけた。鏡を持って自身の歯茎を見つめる参加者に、鈴木さんは「妊娠中は女性ホルモンが増えるが、歯周病菌は女性ホルモンが大好き。菌が増えて、歯茎の腫れや出血が増えやすい」と説明した。

 磨き残しがなくなる歯磨きの方法として、「スタートとゴールを決めて、一筆書きのようにブラッシングするといい」などと助言。じっとしているのが苦手な乳幼児の歯磨きも、いつも同じスタートとゴールの歯を決めると、見通しが立って協力してくれやすいという。参加した妊娠4カ月の女性会社員(28)は「つわりで空腹になると気持ち悪くなるので間食が増えた。歯茎が少し腫れ気味だったので、安定期になったら歯科検診に行きたい」と話した。

 妊娠中は、つわりによる嘔吐(おうと)や唾液の減少で口の中が酸性になりやすく、虫歯になりやすい。女性ホルモンの増加に伴い歯周病菌が増え、歯周病のリスクも高まる。成人の約7割がかかる歯周病は糖尿病や肥満、認知…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです