特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「安く処分したいだけだ」 福島処理水に「放出」3案、憤る漁業者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
設置された汚染処理水を貯蔵するタンク=福島県大熊町の福島第1原発で2018年2月7日午前10時7分、藤井達也撮影
設置された汚染処理水を貯蔵するタンク=福島県大熊町の福島第1原発で2018年2月7日午前10時7分、藤井達也撮影

 東京電力福島第1原発で増え続ける放射性トリチウムを含む処理水について、海洋と大気への放出を軸とするとりまとめ案を23日、有識者小委員会に示した政府。地元で求めてきた陸上の長期保管が盛り込まれない方針に、福島県の漁業者や農家からは反発の声が上がる一方、理解を示す住民もいた。

 県内の漁業者は、試験操業で築いてきた魚の安全性への信頼が崩れることを懸念し、陸上での長期保管の検討を求めてきた。地元に負担をかける方向に議論が進んでいることに「結局は対岸の火事だ」と不満を隠さない。

 相馬市の漁師、高橋通さん(64)は目標を掲げて漁獲量を増やすなど、本格操業再開を目指した取り組みも進めている。海洋・大気への放出に選択肢が絞られたことに「原発周辺には空き地もあるのに、国が(保管場所を確保する努力を)やりもしないで放出するというのは、安く処分したいだけのこと。『自分の身近で流したら』と想像して議論しているとは思えない」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1826文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集