メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安く処分したいだけだ」 福島処理水に「放出」3案、憤る漁業者

設置された汚染処理水を貯蔵するタンク=福島県大熊町の福島第1原発で2018年2月7日午前10時7分、藤井達也撮影

 東京電力福島第1原発で増え続ける放射性トリチウムを含む処理水について、海洋と大気への放出を軸とするとりまとめ案を23日、有識者小委員会に示した政府。地元で求めてきた陸上の長期保管が盛り込まれない方針に、福島県の漁業者や農家からは反発の声が上がる一方、理解を示す住民もいた。

 県内の漁業者は、試験操業で築いてきた魚の安全性への信頼が崩れることを懸念し、陸上での長期保管の検討を求めてきた。地元に負担をかける方向に議論が進んでいることに「結局は対岸の火事だ」と不満を隠さない。

 相馬市の漁師、高橋通さん(64)は目標を掲げて漁獲量を増やすなど、本格操業再開を目指した取り組みも…

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです