ネズミの土鈴作りが最盛期 「来年は癒やされる年に」 北海道神宮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最盛期を迎えているネズミの土鈴作り=札幌市中央区の北海道神宮で2019年12月23日、竹内幹撮影
最盛期を迎えているネズミの土鈴作り=札幌市中央区の北海道神宮で2019年12月23日、竹内幹撮影

 札幌市中央区の北海道神宮で、来年のえと「子(ね)」にちなんだネズミの土鈴(どれい)作りが最盛期を迎えている。年末までに約4500個が作られ、元旦から1個1000円で販売される。

 境内にある「神宮窯」で、高さ約5センチの愛らしい素焼きのネズミが、赤や金色で色付けされていた。制作する中畑ゆかりさん(6…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

あわせて読みたい

注目の特集