メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寺地拳四朗が7度目防衛 八重樫は王座奪取ならず ボクシングトリプル世界戦

二回、ペタルコリンを攻める寺地拳四朗(右)=横浜アリーナで2019年12月23日、玉城達郎撮影

 プロボクシングの世界タイトルマッチ3試合が23日、横浜アリーナで行われ、2012年ロンドン五輪金メダリストで今年7月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者に返り咲いた村田諒太(33)=帝拳=は初防衛を懸けて同級8位のスティーブン・バトラー(24)=カナダ=と対戦。

 11月にリングネームを「拳四朗」から本名に変更した世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の寺地拳四…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです