メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初陣を派手に飾った寺地拳四朗 相手を4度リングにはわせる

二回、ペタルコリンを攻める寺地拳四朗(右)=横浜アリーナで2019年12月23日、玉城達郎撮影

 多彩なボディーブローで相手を計4度リングにはわせ、本名「寺地拳四朗」での初陣を派手に飾った。

 サウスポーのペタルコリンは序盤から間合いを詰めてきたが、「ボディーが弱い」という情報を事前に脳裏に刻んでいた分、冷静だった。三回が始まって早々に右ストレートを腹に突き刺すと、カウンター気味の右、さらに左フックも腹に命中。この回だけで3度ダウンを取り、四回に左で試合を決めた…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです