メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

クラシック 富裕層のコンサート

従来と全く違う並び方で演奏するデア・リング東京オーケストラ=東京オペラシティで(同オーケストラ提供)

 今年のクラシック界はバブル期が再来したかと思わせるような華やかな音楽シーンが出現した。11月には欧州の超一流オーケストラの来日公演が重なり、ティーレマン指揮ウィーン・フィル(東京・サントリーホールなど)と、メータ指揮ベルリン・フィル(同)は、ブルックナーの≪交響曲第8番ハ短調≫と曲目まで一致した。前者が柔らかな音と大胆な解釈の組み合わせ、後者が輝かしい音と正統的な手法によって、共に深い表現に至り、今年の公演のベストを競った。

 バブル期に見られた空騒ぎはなかったが、新たな課題も深刻である。外来オーケストラ公演のチケットは、高…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです