メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

将棋棋士 森内俊之/4止 「鉄板流」復活の日へ

 悲願の名人位に就いて以降、タイトル戦に何度も登場し、2004年には名人・王将・竜王の3冠を達成した。そのタイトル戦の相手の大半は羽生善治九段だった。「タイトル戦の先手番はテニスで言えばサービスゲーム。これをいかに確実にキープするか、対策を練りました」。特に持ち時間の長い名人戦で強さを発揮し、羽生に先んじて永世名人の資格を手にした。

 しかし、将棋ソフトの登場が変化をもたらす。戦術が大きく変わり、ソフトを活用する若手棋士らに苦戦を強…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです