メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

ポップス 米津が節目象徴、氷川は限界突破

大きな話題を集めた氷川きよし=東京国際フォーラムで(コロムビア提供)

 平成末期に登場した米津玄師(けんし)が「令和元年」チャートを席巻し、昭和に土台を作り平成のチャート上位独占を続けたジャニーズ事務所の総帥、ジャニー喜多川氏が逝去(7月9日)した2019年は、日本大衆音楽界の節目の年だったと、記憶されるだろう。

 NHKは17日、五輪イヤーを盛り上げるための「2020ソング」を、米津が作詞作曲し、20年末に活動休止するジャニーズの嵐が歌唱する「カイト」と発表した。初披露の場は「紅白歌合戦」。あざとさはぬぐえないが、この仕掛けはまさに「節目の年」の象徴である。

 セールスもネット視聴なども合わせたビルボードチャートによる年間ベスト5曲は、<1>「Lemon/米津」<2>「マリーゴールド/あいみょん」<3>「Pretender/Official髭男dism」<4>「白日/King Gnu」<5>「馬と鹿/米津」。アルバムのベスト3は、<1>「5×20 All the BEST!! 1999−2019/嵐」<2>「POP VIRUS/星野源」<3>「Eye …

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです