メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

写Now 都心に浮かぶ帆船の灯

各部屋のあかりがともる高層マンション群を背に、ほのかな光を放つ明治丸=東京海洋大学越中島キャンパス内で

 建ち並ぶ高層ビルやマンションを背景に、1隻の帆船が冬空を静かに照らしている。

 東京海洋大越中島キャンパス(東京都江東区)の敷地内にある、国の重要文化財「明治丸」。その誕生は145年前。同キャンパスのシンボルでもあるその船が、夕方から夜にかけて光の輪郭を見せる。同船は全長約75メートル、幅約9メートル。船上にまっすぐ立つ3本のマストを軸として、稜線(りょうせん)のように連なる白い光が幻想的だ。

 このイルミネーションが初めて実施されたのは4年前。同船の老朽化に伴い、2015年の春まで大規模な修復工事が行われていた。イルミネーションを実現させたのは、美しくよみがえった明治丸を多くの人に見てもらいたいという思いから。以来、クリスマスシーズンと春の「お江戸深川さくらまつり」の時期に、大学の行事として実施。今年も20日から点灯が始まった。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです