メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ミナト神戸は洋食がうまい。「洋食」というのはフレンチやイタリアン、あるいはバスク料理などと、おおよそ国や地方名で呼ばれているものでなく、カツレツやコロッケ、カレーなど昔なじみの料理だ。

 元はフランスや英国由来といった料理だろうが、長い時間をかけて準日本料理のような存在になっている。神戸の代表的なものではデミグラスソースがかかったビフカツやオムライスがある。

 神戸の洋食は、1868年の開港と同時に入ってきた。有名な系譜のひとつは、英国の文豪キプリングが明治20年代に宿泊し、その料理をアジアの他のホテルの「どれよりも良い」と記したオリエンタルホテル由来のもの。あとひとつは明治、大正期から戦前まで、最高ランクの料理人の活躍の場所だった日本郵船や大阪商船など外国客船のコックが、「陸(おか)に上がって」はじめたレストラン。洋食においてこの二つの系譜が、太平洋…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです