メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

都大路で健脚 学法石川、被害に負けず 部室浸水も不利克服 地域の支え胸に /福島

レースを終え、保護者やOBに向けた報告会に臨む学法石川の選手たち=京都市右京区で

[PR]

 22日の全国高校駅伝で男子5位、女子22位となった学法石川は、今年10月の台風19号で、学校がある石川町も被害を受けた。陸上部の部室が一部浸水したほか、練習場所のグラウンドや町が整備したクロスカントリーコースも使えない状態になった。それでも不利な条件を克服し、都大路で健脚を見せた。

 台風の被害を受けたのは、県予選のわずか2週間前だった。選手らは練習場所を求めて、近隣市町村の競技場を回り、時には栃木県まで移動したこともあったという。また男子5区を走った藤宮歩選手(1年)らが通学に使っているJR水郡線も不通に。松田和宏監督が毎日、郡山駅から学校まで送迎した。

 県予選の前には、ボランティア活動にも行き、地域の人たちから励ましの声をかけてもらったという。今回は「石川町の人たちに元気を与えたい」と特別な思いをもって臨んだ。男子は初優勝は逃したが、過去最高の3位で「最強世代」と呼ばれた昨年大会での県記録を9秒更新。女子も中盤で順位を上げ、粘りを見せた。

 選手たちは「走っている時も、石川町の人たちや支えてくれる人たちを思い出した。自分たちの走りで何か伝わるものがあれば、うれしい」と話した。【磯貝映奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです