ユニゾ、従業員が買収へ 成立なら全役員辞任 米投資会社支援

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ユニゾホールディングス争奪の構図
ユニゾホールディングス争奪の構図

 ホテルなどを展開するユニゾホールディングス(HD)は22日、従業員による自社買収(EBO)を実施し、株式の非公開化を目指すと発表した。ユニゾによると国内上場企業のEBOは初めて。ユニゾに株式の公開買い付け(TOB)をしている米投資ファンドなどの買収提案を全て拒否して対抗策を打ち出したが、ファンドの対応次第では混乱が長引く可能性も残る。【石田宗久】

 EBOは、従業員と米投資会社ローン・スターが共同で設立した会社が24日から2020年2月4日まで、ユニゾ株式のTOBを実施する。価格は1株当たり5100円で、発行済み株式の3分の2以上の取得を目指す。1750億円を予定する資金はローン・スターから調達。成立すれば上場廃止して、新たな経営体制に交代する。ローン・スターの不動産運用ノウハウも活用して、収益力向上などに取り組む。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1420文字)

あわせて読みたい

ニュース特集