メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラットフォーマー規制

ポイント解説/1 取引透明化法案 一方的な契約変更防止

デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案のイメージ

 プラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大IT企業の影響力が急拡大していることを踏まえ、政府はPFが取引先企業に不利な契約を押しつけないよう監視するための「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」を2020年通常国会に提出する。PFに対し、取引先との契約条件を開示し、契約変更を事前通知することを義務づける。運営状況について政府に定期的に報告することも求める。

 当面は、大規模な電子商取引(EC)サイトを運営するアマゾン、楽天、ヤフーと、スマートフォン向けアプリ市場をほぼ寡占するアップル、グーグルへの適用が予想される。これらの企業の取引先は中小・個人事業者が多く、PFが提供するECサイトやアプリストアを使わなければ事業継続が難しいのが実情だ。一方的に手数料を値上げされたり、検索で表示される商品の順番を後回しにされたりしても、泣き寝入りを強いられることが多…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです