メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

地域で暮らす/下 不寛容、障害児にも

スタッフに見守られて穏やかに過ごす子どもたち。障害児や家族の支援に必要な施設だ=東京都荒川区の児童発達支援事業所るんるんキッズハートで2019年11月、上東麻子撮影

 毎日新聞の調査で、過去5年間に少なくとも全国21都府県で計68件の住民による反対運動が起きていたことが明らかになった障害者施設では、大人だけでなく、子どもの施設にも厳しい視線が住民から向けられていた。一方、開設後に対立を乗り越え、施設側と住民の交流が広がったケースもあった。優生思想を背景とした障害者差別を解消し、共生社会をつくるヒントを現場から探った。【上東麻子、千葉紀和】

 「先生、遊ぼうよ」「よーし、こっちにおいで」。東京都荒川区の児童発達支援事業所「るんるんキッズハート」は、チューブを使って胃から直接栄養を取るなど医療的ケアが必要だったり、発達障害があったりする0~6歳の子どもたちが通う。1日約10人を看護師や保育士ら職員12人が交代で見守りつつ、発達を支援している。

この記事は有料記事です。

残り1902文字(全文2243文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、毎日小学生新聞、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。日本新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです