メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

年俸120円、41歳の挑戦 最年長Jデビュー YS横浜・安彦考真 自分に正直に、今が幸せ

Jリーグ最年長デビューを果たしたYS横浜の安彦考真=福田智沙撮影

 40歳でJリーガーになるという夢をかなえた。そして今季、41歳1カ月9日でJリーグ最年長デビューを果たした。J3・YS横浜のFW安彦考真(41)は一度は諦めた夢を再び追いかけ、念願のJリーガーとしてピッチを駆け回った。【福田智沙】

 3月10日、横浜・ニッパツ三ツ沢球技場で行われたJ3開幕戦の鳥取戦。安彦は2—4で迎えた後半37分から途中出場した。Jリーグ開幕年の1993年にJ1鹿島のジーコさんが記録した40歳2カ月13日の最年長デビュー記録を更新した。安彦は「緊張もなく、わくわくして楽しかった。ピッチに立つのはいいなと思った」と振り返る。

 だが、今季はけがに泣かされ、8試合全て途中出場で無得点。出場時間は計71分だった。「試合に出られな…

この記事は有料記事です。

残り2063文字(全文2386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです