全国体力テスト 小中生体力、軒並み下落 小学男子は過去最低 スポ庁調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
体力合計点の推移
体力合計点の推移

 スポーツ庁は23日、2019年度の小中学生の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の結果を公表した。50メートル走や立ち幅跳びなどの8種目を点数化した体力合計点は小中学校の男女ともに前年度よりも下落し、小学校男子は08年度の調査開始以降過去最低を記録した。

 調査は4~7月に国公私立の小学5年と中学2年の計約201万人を対象に実施した。体力合計点は80点満点で、小5男子53・6点(前年度比0・6ポイント減)▽小5女子55・6点(同0・3ポイント減)▽中2男子41・6点(同0・6ポイント減)▽中2女子が50・0点(同0・4ポイント減)――だった。

 種目別では、近年、ほぼ横ばいか上昇の傾向にあった「走る力」が下がった。50メートル走のタイムは、小5男子9・42秒(同0・05秒増)▽小5女子9・63秒(同0・03秒増)▽中2男子8・02秒(同0・03秒増)▽中2女子8・81秒(同0・03秒増)。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1164文字)

あわせて読みたい

注目の特集