日中韓が首脳会談 北朝鮮非核化や拉致問題など議論 経済連携強化確認へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相と中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領は24日午前、中国・成都の国際会議場で日中韓首脳会談を行った。3首脳は北朝鮮の非核化や拉致問題解決に向けた協力について意見を交わすほか、3カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉を加速させることでも一致する見通し。

 日中韓首脳会談の開催は、昨年5月に東京で開かれて以来。3カ国の首脳による会談は1999年に始まり、今年で20周年を迎えた。今回の会談で3首脳は、貿易や投資・開発などに関する日中韓の連携の重要性を確認するとともに、環境問題や高齢化社会など3カ国共通の課題解決に向けた協力についても合意を目指す。また、大阪で6月に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の合意事項である発展途上国への投資のルールの…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集