メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓関係改善に前向き 徴用工問題は進展なく 1年3カ月ぶり首脳会談

 中国・成都を訪問中の安倍晋三首相は24日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と1年3カ月ぶりに会談した。元徴用工問題を巡る対立で首脳間の会談が途絶えていたが、両首脳は関係改善に前向きな姿勢を示した。元徴用工問題で双方の主張は平行線をたどったが、外交当局間の対話継続では一致した。

 首相は「日韓両国は重要な隣国同士であり、北朝鮮問題などで日韓、日米韓の連携は極めて重要だ」と述べたうえで、「日韓関係を改善しなければならないと考えている」と発言した。大統領も「両国がひざを交えて懸案の解決策を早急に見いだせることを期待している」と応じた。北朝鮮の非核化に向け、日韓、日米韓の連携が重要との認識を共有。米朝協議を後押しすることも確認した。

 会談は、首相が宿泊する成都市内のホテルで行われた。両首脳は冒頭で握手をした後、予定していた時間を約15分超える約45分間会談した。このうち元徴用工問題に約3分の1の時間が費やされた。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです