エディオン、プログラミング教室のベンチャー「夢見る」買収

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プログラミング教室事業の拡大について記者会見したエディオンの久保允誉会長兼社長(右)と、夢見るの重見彰則社長=大阪市北区で2019年12月23日、加藤美穂子撮影
プログラミング教室事業の拡大について記者会見したエディオンの久保允誉会長兼社長(右)と、夢見るの重見彰則社長=大阪市北区で2019年12月23日、加藤美穂子撮影

 家電量販大手のエディオンは、プログラミング教室を展開するベンチャー、夢見る(本社・堺市)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。買収額は十数億円規模。エディオンは2018年から直営のプログラミング教室を2カ所運営するが、買収で事業拡大を加速する。

 プログラミング教育は20年度から小学校で必修化される。夢見るは、小学生向けプログラミング教室「ロボ団」を国内外100カ所以上で運営。プログラミ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集