メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総務省の黒田新次官が訓示 情報漏えい「信頼損なう。深くおわび」

職員に訓示する総務省の黒田武一郎事務次官=総務省で2019年12月24日、加藤明子撮影

 総務省の鈴木茂樹前事務次官が日本郵政に対する情報漏えいで更迭されたことを受け、新たに就任した黒田武一郎次官が24日、同省で職員に訓示し、「行政への信頼を大きく損なう重大な事案だ。改めて深くおわびする」と陳謝した。

 鈴木前次官は20日、かんぽ生命保険の不正販売をめぐって同省が近く公表する行政処分案の検討状況を日本郵政に漏らしていたとして、停職3カ月の…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです