メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田・奇跡の一本松製の十字架 ローマ教皇が祈り捧げ、地元に

贈られた十字架。金やプラチナで模様が描かれている=岩手県陸前高田市役所で

 岩手県陸前高田市で震災の津波から唯一残った奇跡の一本松から作られ、先月来日したフランシスコ・ローマ教皇から被災地への祈りを込められた十字架が23日、同市に贈呈された。戸羽太市長は「言葉にならないほど感動している。教皇が被災地に思いを寄せていただいたことに心から感謝したい」と喜んだ。

 十字架は縦約16センチ、横約9・5センチで、前面には金やプラチナでオリーブの木とハトが描かれている。…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです