メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2代目猫駅長「らぶ」、サンタに 車内を巡回 会津鉄道で特別列車

芦ノ牧温泉駅の2代目猫駅長「らぶ」と触れ合う子どもたち=福島県会津若松市で2019年12月23日分、湯浅聖一撮影

[PR]

 福島県の会津鉄道で23日、年末恒例のサンタ列車が運行された。華やかに飾られた車内では、サンタクロースから一足早いプレゼントが贈られるなどの催しがあり、参加した家族連れらはクリスマス気分を満悦していた。

 この日は19組62人が参加。西若松駅(会津若松市)と湯野上温泉駅(下郷町)間を往復した。途中の芦ノ牧温泉駅では職員が扮(ふん)したサンタクロースが大きな袋を持って乗車し、お菓子のプレゼントを配布。子どもたちは大はしゃぎしていた。

 また、同駅の2代目猫駅長「らぶ」もクリスマス衣装を身に着けて「車内巡回」。参加者らは写真を撮るなどして触れ合った。家族と一緒に帰省中の東京都杉並区の三浦希和子(きおこ)さん(10)は「ビンゴゲームでおもちゃが当たってうれしかった」と喜んでいた。【湯浅聖一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです