「サンタエビ」 星形ヒトデとともにクリスマスムード盛り上げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サンタの人形とともに展示されたシロボシアカモエビ=北海道登別市登別東町の登別マリンパークニクスで、昆野淳撮影
サンタの人形とともに展示されたシロボシアカモエビ=北海道登別市登別東町の登別マリンパークニクスで、昆野淳撮影

 真っ赤な体と白いひげや足から「サンタエビ」の名でも知られるシロボシアカモエビが、北海道登別市の水族館「登別マリンパークニクス」に登場し、クリスマスムードを盛り上げている。25日まで。

 西太平洋のサンゴ礁に生息する小エビの一種で、体長5センチ前後。鮮やかな赤色の胴体に白い水玉模様があるのが特徴で、サ…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集