60秒後、2、3階に300度ガス充満 避難不可能 京アニ放火で市消防分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
取り壊しに向け、覆いの取り付け作業が始まった京都アニメーションの第1スタジオ=京都市伏見区で2019年11月25日午後1時47分、南陽子撮影
取り壊しに向け、覆いの取り付け作業が始まった京都アニメーションの第1スタジオ=京都市伏見区で2019年11月25日午後1時47分、南陽子撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都市消防局は23日、避難者への聞き取りや火災シミュレーションなどを基にした避難行動の分析結果を京都市議会総務消防委員会に報告した。出火から60秒後には2、3階フロアに煙や燃焼ガス(100~300度)が充満し、2分後には建物全体が燃焼ガスで高温になり、避難が不可能な状態になっていたとした。【福富智】

 市消防局は分析結果を踏まえて、年度内に放火など通常の避難ができない特殊な火災の際の避難指針を策定する方針で、事業所への防火指導などで活用する。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1187文字)

あわせて読みたい

注目の特集