待機児童の中に障害・医療的ケア児 大阪市は9割と突出 政令市調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
酸素チューブにつながった状態のまま遊ぶ女児=大阪市生野区で2019年9月25日、梅田麻衣子撮影
酸素チューブにつながった状態のまま遊ぶ女児=大阪市生野区で2019年9月25日、梅田麻衣子撮影

 毎日新聞が20政令市を対象に、2019年度当初の待機児童に占める障害児と医療的ケア児の割合を調べたところ、大阪市が28人中25人の9割と突出して高い割合だった。同市以外でも、年度当初に待機児童がいた13政令市中、千葉、相模原など9市で両児が含まれていた。背景には、保育士や看護師の不足があるが、大阪では、市が進める待機児童対策や公立保育所の民営化が影響しているとの指摘もある。【矢追健介】

この記事は有料記事です。

残り2089文字(全文2284文字)

あわせて読みたい

ニュース特集