メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「MOMO5号機」 29日に打ち上げ 冬季は初挑戦

MOMO5号機の前に並ぶ稲川貴大社長(左端)ら=北海道大樹町で2019年12月23日、鈴木斉撮影

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ(IST)」は23日、小型観測ロケット「MOMO5号機」を29日に同町から打ち上げると発表し、発射場で機体を報道陣に公開した。冬季の打ち上げは初の試み。

 MOMOの打ち上げを巡っては5月、3号機が民間単独の開発ロケットとして国内初の宇宙空間(高度100キロ超)到達に成功したが、7月の4号機…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです